• HOME
  • SITE MAP

ムダ毛の自己処理

自己処理によるトラブル/間違ったムダ毛処理はキケンです


脱毛の基礎知識3

ムダ毛処理の危険性を知ろう

脇毛の処理ってついつい自分でやってしまいがち。ダメだとわかっていても脇毛がチラリではさすがにマズいですからね。

でも、長い間剃ったり抜いたりしていると、毛穴や肌を傷つけてしまい、様々なトラブルがおきてしまうことに。なるべくしない方がいいですが、やむを得ず自己処理する場合は十分に注意しましょう。

方法としては毛抜きで抜くよりもシェーバーで剃った方がいいです。毛抜きで抜くと、毛根から毛を無理やりひきちぎることになるので、毛母細胞という皮膚の一部を傷つけてしまい、毛穴の奥で出血してしまうことも。

最終的にそこからばい菌が入って炎症を引き起こすことになってしまうからです。もちろん、シェーバーで剃る場合でも肌に負担はかかってしまいます。

正しいムダ毛処理をするためにも、自己処理をするとどういったトラブルがおきてしまうのか、詳しくみていきましょう。

ムダ毛処理による肌トラブル

埋没毛

主に抜毛することでおきる症状です。

毛抜きなどで抜いたりした際に肌が傷つき、その傷が治るときに毛穴がふさがってしまうことで、毛穴から毛が出なくなり、皮膚の下に埋もれてしまう状態のことです。

肌が傷つくことで、毛穴が化膿して炎症を起こすこともあります。埋もれ毛を取り出しても、次も埋没毛になることがあるので、無理やり取り出すのはやめましょう。

S.S.C.脱毛では、この埋没毛に対しては効果が出ないので、自己処理する際は毛抜きはNGです。

毛嚢炎

ニキビと同じです。

自己処理することで、毛穴が膿んだ状態になり、ポツポツの突起状になったりします。この状態でさらにムダ毛処理を続けていくと、悪化して痕が残り、シミになってしまうことも。

ちなみに顔にできるものを「ニキビ」、身体にできるものを「毛嚢炎」といいます。

瘢痕化

傷ついた皮膚が硬くなってしまう症状のことです。

傷あとのことを瘢痕と言うのですが、肌は傷つくと新しい皮膚を作ってその部分を修復しようとします。この新しい皮膚(瘢痕皮膚)は、以前よりも硬くなってしまい、傷を繰り返すことでさらに硬くなるという悪循環に陥ります。

最終的には、毛穴が鳥肌のようにブツブツになってしまうので、頻繁に自分でムダ毛処理をするのはキケンです。

炎症性色素沈着

肌が傷つくことで炎症がおき、その後シミになってしまう症状のことです。

毛抜きで抜いたときに毛穴のまわりが黒くなったりしますが、これも同じ色素沈着。身体の肌というのは、傷つくとシミになりやすいのが特徴なので注意が必要です。

いったん色素沈着の状態になると治すのはかなり大変。自分での処理はできるだけやらないようにするのが重要です。

自己処理は、やり方を間違えるとこういった様々な肌トラブルがおきてしまうので、処理後はきちんと肌ケアをするなどして対処しましょう。

ミュゼの脱毛は肌を傷つけません
↓気になる方は下記バナーをクリック↓

脇毛を抜くのはキケン!その理由と正しい脇毛の処理方法トップページへ

脇毛を抜くのはキケン!その理由と正しい脇毛の処理方法はトップページから確認することができるよ。