• HOME
  • SITE MAP

脱毛で大事な毛周期とは?

毛周期って何?/脱毛する上で必ず知っておきたいポイントです


脱毛の基礎知識1

毛周期のことを知ろう

実際に脱毛するにあたって、脱毛の基礎知識をちゃんと理解しておくことはとても重要なことです。基礎知識を知っていると、お手入れの効果もUPするし、もし悪徳なエステサロンに出会ってしまった場合などでもダマされたりすることもないしね。

ま、ミュゼの場合は、最初の無料カウンセリングの時に、脱毛の基本的なことをちゃんと説明してくれるので大丈夫ですが、知っているに越した事はないです。

まず、知っておきたいポイントが「毛周期」。人間の毛というのは、抜けたり生えたりを繰り返しているんですが、このサイクルのことを「毛周期」といいます。

毛周期の種類

毛周期には成長期、退行期、休止期というのがあって、これをずっと繰り返しているんです。ちなみに部位によってこのサイクルの長さは違ってきます。

  • 成長期
    毛細血管から栄養を受けた毛母細胞が分裂し、毛が作られて皮膚の表面に出てきて成長していく時期。
  • 退行期
    毛細血管からの栄養がなくなって毛母細胞の分裂がとまり、抜ける準備に入る時期。
  • 休止期
    毛根と毛が完全に離れ、毛が抜け落ちて、次の成長期に入るまで休止をする時期。

毛周期について

いま現在、体の表面に生えている毛というのは成長期にある毛で、全体の3分の1程度。あとの3分の2の毛は、実は、皮膚の下で成長し始めているか待機している状態なんです。これが退行期、休止期の毛になります。

脱毛できるのは成長期の毛のみ

ミュゼのS.S.C.脱毛で効果が出るのは、成長期にある毛根だけで、退行期や休止期の毛根に対しては効果がありません。退行期、休止期にある毛根は、皮膚の深い場所にあるので、そこまで光が届かないからです。これは、レーザー脱毛や他の光脱毛でも同じ。

1回の照射でダメージを与えることができるのは、表に出ている3分の1の毛根だけになります。つまり1回での照射では、すべての毛をなくすことはできないということ。キレイにムダ毛をなくすには、何回か照射を行なわないといけないということですね。

皮膚の奥に眠っている残りの3分の2の毛根については、成長が始まって体の表面に出てくるのを待ってから、照射をする必要があります。休止期の毛が成長するまでには2、3ヶ月ほどかかるので、次の照射をそのあたりで行なうと効率良い施術ができるワケです。

毛周期は個人差もあるので、人によって効果は様々ですが、こういった毛のしくみを理解しておくと、効率良いお手入れができるのでおトクですよね。

効率良くムダ毛をなくすには?

早くムダ毛をなくしたいからといって、期間を開けずに通ってもあまり効果はないし、逆に半年に1回くらいしかお手入れできない場合でも効果は薄くなってしまいます。2、3ヶ月の間隔でコンスタントに通うことが、早くムダ毛をなくすコツになります。

毛周期に合わせて施術することが重要

最近では、2週間に1回でも施術OKというサロンが出てきてますが、正直、効果はあまり期待できないと思います。

まず短期間で照射できるということは、肌への負担を少なくするために光のパワーをかなり弱くしていることが考えられます。その弱いパワーで毛周期に関係なく施術することになるので、キレイになるまでにはかなりの回数が必要です。

それよりも2、3ヶ月に1回のペースで数回通った方がラクですよね。ミュゼのS.S.C.脱毛は毛周期に合わせた施術法なので、ラクに通えて効果もバッチリ。オススメです。

ミュゼの脇脱毛、お試ししてみては?
↓気になる方は下記バナーをクリック↓

脇毛を抜くのはキケン!その理由と正しい脇毛の処理方法トップページへ

脇毛を抜くのはキケン!その理由と正しい脇毛の処理方法はトップページから確認することができるよ。